藤原政文Private BLOG

~日々の悲喜交々を気まぐれにつづる徒然記~

☆「ホッ!と」したり、「ほっと」する話題を「ホット」に綴ります。

雲南市青少年海外派遣交流事業 清道郡 4日目&5日目

雲南市青少年海外派遣交流事業も実質的には最終日となる4日目、朝、ホームステイ先からそれぞれ清道郡庁に集合し、お別れの会がありました。f:id:mfujihara:20190808011813j:plain

清道郡、雲南市それぞれの生徒が代表し感想とお礼のあいさつ。

異口同音に「それぞれの文化に触れられ理解が深められた。ホストファミリーの皆さんに親切にしていただき、仲良くなれて嬉しかった。」

私も、「この交流を通して参加した生徒さんのこれからの人生の糧になることを期待する。清道郡の皆さんには、本当にお世話になり、ありがとうございました。」とあいさつをしました。

f:id:mfujihara:20190808011852j:plain

ホストファミリーの方々と別れを惜しみつつバスに乗り込みました。

清道郡の生徒さんも一緒に乗っていただき、最終日の交流をしました。

そして、バスは東大邱駅に。

f:id:mfujihara:20190808011907j:plain

新幹線に乗り、ソウルに向かいました。

f:id:mfujihara:20190808011915j:plain

車内には、荷物を置くスペースもあり快適な2時間の移動でした。

f:id:mfujihara:20190808011937j:plain

ソウル駅に到着です。

f:id:mfujihara:20190808011952j:plain

さすが世界に冠たるソウル。賑わいが違います。

f:id:mfujihara:20190808012010j:plain

上の写真は、旧ソウル駅舎です。東京駅と同じです。

(私の祖父は、戦前、ここで働いていました。)

そして、少し遅めの昼食。

f:id:mfujihara:20190808012026j:plain

このお店は、清道郡の担当者のユンさんのお友達が経営されているお店で、全国にたくさんチェーン店があるそうです。

「VIPを連れてくるので、よろしく!」と言って、予約をしていただいたそうです。

とてもおいし料理ばかり。

ソウル駅のすぐ隣です。お薦めです!

その後、地下鉄を利用して(これもいい経験になりました。)移動。

f:id:mfujihara:20190808012046j:plain

なんと私は優先席に座らせていただきました。

「何歳から座れますか?」と、尋ねたところ、「65歳から」との答え、私は慌てて立とうとすると、「髪が白いから大丈夫!」と、言われてしまいました。

 

そんなこんなで、目的地に到着。

今、とても人気スポットになっている伝統的民族衣装に着替えて宮中へ。

f:id:mfujihara:20190808012102j:plain

f:id:mfujihara:20190808012120j:plain

f:id:mfujihara:20190808012148j:plain

f:id:mfujihara:20190808012202j:plain

それぞれにお気に入りの衣装に着替え、髪も整えていただき・・・、私も是非にということで着替えてみました!

f:id:mfujihara:20190808012222j:plain

私が国王、左の生徒さんが皇太子の衣装です。

街中を10分ほど歩いて目的地へ。

f:id:mfujihara:20190808012249j:plain

けっこう注目され、写真も何人かの方に撮られました。

f:id:mfujihara:20190808012306j:plain

30年前にも行きましたが、ここの宮殿で記念撮影。

人気スポットとあり、多くのコスプレイヤーが大集合。

f:id:mfujihara:20190808012338j:plain

あちらこちらで、記念撮影。

ロッコに中国、欧米などなど世界中から集まってきています。

見ず知らずの人から「ピクチャー」と声を掛けられ、写真撮影の連続。

生徒たちも、「ピクチャー、ピクチャー」と声を掛けたりかけられたり。

ここだけを見ていると世界平和そのもの。

私も韓国ドラマでよく登場するところでパチリ!

f:id:mfujihara:20190808012406j:plain

予定時間をかなりオーバーしてしまいました。

 

そうこうするうちに、清道郡の生徒たちと本当にお別れの時間が来てしまいました。

f:id:mfujihara:20190808012433j:plain

7月には雲南市で、そして、今度は韓国で交流を重ねとても仲間づくりができたと思います。

f:id:mfujihara:20190808012446j:plain

f:id:mfujihara:20190808012456j:plain

 次に会える日を楽しみにしてます!

 

その後、雲南市の生徒だけで散策。それぞれに積極的に行動ができたと思います。

次の日が早いため、空港近くのホテルへ移動。

 

生徒たちは、地下鉄利用、私だけは車で移動させていただきました。

 

そして、最終日、朝5時20分にホテルを出発、

f:id:mfujihara:20190809170755j:plain出国手続きを済ませ

f:id:mfujihara:20190809170759j:plain

搭乗しました。

この間、この事業の清道郡の担当者、

f:id:mfujihara:20190809170813j:plain

イ所長さん、

f:id:mfujihara:20190809170804j:plain

ユンさん、そして、写真はありませんがクさんをはじめ清道郡の方々には、至れり尽くせりのおもてなしをしていただきました。

本当にありがとうございました!

 

仁川空港を離陸しておよそ20分ほどで大陸から日本海へ出ました。(たぶん)

f:id:mfujihara:20190809170851j:plain

そして、

f:id:mfujihara:20190809170906j:plain

f:id:mfujihara:20190809170913j:plain

機内食をいただきながら、あっという間に岡山空港に着陸。

f:id:mfujihara:20190809170920j:plain

入国審査も難なく済ませ、バスで雲南市へ帰りました。

 

市役所では、景山教育長はじめ教育委員会の関係者の方々にお出迎えいただき報告会がありました。

 

その中でも参加した生徒たちも、参加してよかったことを言っていましたし、私も「生徒たちの長い人生の中、今回の経験が生かせると確信している。」と締めくくらさせていただきました。

 

清道郡とのこのような交流を続けることにより、相互の信頼関係を築き、「平和を」の都市宣言をしている雲南市はともに世界の恒久平和をめざしていかなくてはなりません。

そして、交流事業に参加した生徒たちを含め、次の時代を担う若い世代に大いに期待します。

 

この事業に参加し感じたことがたくさんあります。それは、追々に発信します。

 

最後に、事業に関わってくださった方々に心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。





雲南市青少年海外派遣交流事業 清道郡 4日目

雲南市青少年海外派遣交流事業 4日目、実質最終日でした。

 

朝、清道郡庁でお別れのあいさつをし、清道郡の生徒ともに新幹線でソウルに向かいました。

 

ソウル市内では、一緒にさまざまな体験をし交流を深めました。

 

明日の朝は、⑦とても早いため、写真を含め詳しいことは明日以降にします。

 

明日は、早朝の便で帰国します。

 

 

 

 

雲南市青少年海外派遣交流事業 清道郡 3日目 モゲ中学校訪問

雲南市青少年海外派遣交流事業3日目の朝は、曇り空でした。気温も昨日よりも低い一日でした。

f:id:mfujihara:20190806065236j:plain

3日目は、清道郡の私立モゲ中学校(高校併設)訪問から始まりました。

生徒たちは、それぞれホームステイ先からやってきました。

まずは、校長先生にごあいさつ。

 

f:id:mfujihara:20190806234932j:plain

校長先生のお嬢さんもこの事業参加経験者だそうです。

f:id:mfujihara:20190806235143j:plain

また、現下の状況が好転すれば日本へ修学旅行に行きたいともおっしゃりました。

f:id:mfujihara:20190806235000j:plain

プレゼントもいただきました。

f:id:mfujihara:20190806235058j:plain

校長先生と記念写真

f:id:mfujihara:20190806235247j:plain

そして、校内の施設見学。

f:id:mfujihara:20190806235401j:plain

f:id:mfujihara:20190806235421j:plain

とても立派な施設です。

そして、電子黒板を使っての模擬授業・・・、

f:id:mfujihara:20190806235505j:plain

工事中のため使用できませんでした。

教室には、生徒が書いた公式やいたずら書きがとても上手に書いてありました。

f:id:mfujihara:20190806235609j:plain

f:id:mfujihara:20190806235700j:plain

お昼は、学校給食の試食。

f:id:mfujihara:20190806235800j:plain

f:id:mfujihara:20190806235912j:plain

f:id:mfujihara:20190807000150j:plain

f:id:mfujihara:20190807000235j:plain

ボリューム満点です。1食350円。

食材は地元のものを使用、「あたりまえ」なことだそうです。

昼食後、さらに施設を見学し記念撮影をし、

f:id:mfujihara:20190807000556j:plain

f:id:mfujihara:20190807000642j:plain

f:id:mfujihara:20190807001950j:plain

伝統楽器体験へ。

その前に・・・、モゲ中学校では、8年前雲南市にも来ていたきこの事業でお世話になったイ先生が、私のことを覚えてくださっており、わざわざお出迎えくださいました。その上、今日も同行してくださいました。

移動中には、イ先生と当時の話をしたり、8年前、来訪した雲南市の生徒と今もフェイスブックでつながっていることなどなど、楽しくお話をさせていただきました。

途中でツーショット写真も。

f:id:mfujihara:20190806234823j:plain

また、8年前の訪問時の写真も掲載します。)

f:id:mfujihara:20190806234045p:plain

f:id:mfujihara:20190806233838p:plain

 さて、オンヌリ、

早速、パート別練習が始まり、

f:id:mfujihara:20190807000826j:plain

f:id:mfujihara:20190807000858j:plain

f:id:mfujihara:20190807000919j:plain

f:id:mfujihara:20190807000946j:plain

その後、1曲を完成。呑み込みの早さに先生もビックリ。いろいろな楽器に挑戦し、さらには、予定外の楽器にも挑戦させていただきました。

f:id:mfujihara:20190807001031j:plain

f:id:mfujihara:20190807001053j:plain

f:id:mfujihara:20190807001112j:plain

f:id:mfujihara:20190807001132j:plain

f:id:mfujihara:20190807001202j:plain

f:id:mfujihara:20190807001217j:plain

f:id:mfujihara:20190807001246j:plain

f:id:mfujihara:20190807001308j:plain

f:id:mfujihara:20190807001335j:plain

f:id:mfujihara:20190807001359j:plain

韓国の生徒に教えてもらっている姿がとても印象的でした。また、お世辞なしに、早く上手に演奏ができビックリでした。

 

その後は、闘牛場へ移動。このころから雨が大降りになってきました。

そして予定を少しだけ繰り上げ、出発直前に急遽決まった2日目のホストファミリーに引き渡しました。

f:id:mfujihara:20190807001630j:plain

f:id:mfujihara:20190807001649j:plain

 

引率者は、「チジミ」と「マッコリ」と「雨」と「縁側」という昔から韓国の人が好む4拍子揃った絶好のシチュエーションの下、意見交換をさせていただきました。

f:id:mfujihara:20190807001815j:plain

本当の韓国文化に触れさせていただきました。

また、美味しい料理ばかり、「フードファイターK」登場に楽しい時間を過ごさせていただきました。

ただ残念だったのが、8年ぶりにお会いしたイ先生も同席されるはずでしたが、仕事の都合でご一緒できませんでした。

お昼モゲ中学校を出るときには、夕食でいろいろなお話fができると思い、「それでは夕方、またお会いしましょう」とだけしか言っていませんでしたので、お礼とお別れのごあいさつができず、とても残念でした。

そのことをお話しすると、担当者の方がイ先生に電話をかけてくださり、私の思いをそのまま伝えてくださいました。

本当に微に入り細に入り心遣いをしていただき恐縮でした。

 

さて、明日は清道郡庁で生徒たちと合流し。郡庁でお別れのあいさつをしてソウルに向かいます。

台風の影響が心配されますが、清道郡の生徒さんたちとの最後の一日ですので、しっかり交流を深めていただきたいと思います。

 

藤原政文のブログにお越しいただき、ありがとうございます。